乾燥に適切なケア

乾燥の原因を知る

常に唇が乾燥している人は、きっと普段から何か悪い習慣があるはずです、次に3点、大半の人がやってしまう悪い癖を上げます。まず、自分の悪い癖を知って、徐々に直してから正しいお手入れに取り掛かりましょう。 第1のポイントは、リップクリームのぬり過ぎです。リップクリームは唇を乾燥させない強い味方ですが、ぬり過ぎてしまうと、細胞の生まれ変わりを阻止してしまうことになります。 第2のポインとは、唇をよくなめたり、いじったりしてしまうことです。舐めたりいじったりすると、傷ついたり、油分が失われて、さらに乾燥を加速させてします。 第3のポイントは、刺激物をよく口にしてしまうことです。刺激物と聞いて思い浮かぶのは辛いものですが、唇にとっての刺激物はそれだけではありません。オレンジジュースやコーヒー、過度な量の歯磨き粉なども含まれます。 刺激物を口にする前はリップクリーム、口にした後は、優しく唇をぬぐう必要があります。

正しい唇ケアの方法

悪い癖にあった通り、リップクリームを過度にぬり過ぎると、唇の細胞の生まれ変わりが遅くなります。しかし、適切なタイミングで正しいぬり方をすれば、唇の保護、ケアができます。正しいケアの仕方をしっかり身につけましょう。 リップクリームを付け直すのは1日に5回以下にしましょう。刺激物を口にする前、夜寝る前などにつけましょう。 リップクリームの正しいぬり方は少し先端を柔らかめにすること、唇のしわに合わせて縦にぬることです。冬などはとくにリップクリームが固くなっています。少し温めてから、傷つけないようにしわに合わせてぬりましょう。 リップクリームの使い分けも大切です。昼間、外に出るときは、紫外線から唇を守るようにUV対策になるもの、夜は長時間つけたり、リップパックをするのに、なるべく無香料、無添加のものをつかうとよいでしょう。 正しいケアを身につけて、乾燥知らずの唇を手に入れましょう。